水虫は5人に1人が感染していると言われています。水虫には何種類かあり症状が軽くすむ症状や爪にまで及ぶ重い水虫があります。感染しないためにも日頃から足を清潔に保ちましょう。また中には人にうつしてしまう水虫もありますので注意しましょう。

足を洗う様子の画像

ドラッグストアで購入できる水虫薬研究

ドラッグストアには様々な市販薬が取り揃えられています。
その中でも特に人気なのが、水虫に効く市販薬です。

水虫は他人にうつしてしまう恐れのある皮膚病という事もあり、できるだけ隠しておきたいと考える方が多いようです。
ですので、まずはドラッグストアの市販薬を試してみようという方が多く、水虫の市販薬は売れ筋商品となっています。

ドラッグストアであれば、こっそり薬を購入する事もできますし、わざわざ病院を受診する必要もありません。
手軽に対策を始めてみたいという時にピッタリでしょう。

ここでは、ドラッグストアで購入できる、市販薬の効果やタイプについて研究・紹介したいと思います。
今は症状を感じていなくても、事前に研究しておけば自分に合ったタイプの市販薬を試す事ができるので、効率的に対処できるでしょう。

水虫は白癬菌という、カビの1種が皮膚の角質層に感染する事で起こる、皮膚感染症です。
市販薬には白癬菌を除菌できる、塩酸テルビナフィンや塩酸ブテナフィンといった、成分が含まれている事が多いようです。
これらの成分は元々、病院で処方される外用薬にも含まれていました。
ですので、白癬菌退治の効果は絶大です。

白癬菌に対応する成分の他に、痒みを抑える成分や炎症を鎮める成分も多くの市販薬には配合されています。

また、テクスチャーも様々です。
液タイプやクリームタイプ、スプレータイプが主流となっています。
メーカーが研究を重ね、症状や患部の場所によって使い分けられるよう、このようなテクスチャーの違う市販薬が誕生しました。

液タイプは広範囲に症状が出ている場合にお勧めです。
クリープタイプとスプレータイプは、足の指の間など液だれしやすい部分に使いやすいテクスチャーです。