HOME

What's New(新着情報)

転職と派遣社員

「今の仕事がどうしても嫌で転職したいけれど、やりたい仕事が見つからない」という人や「事情があって退職したけれど、なかなか自分に合った、新しい転職先が見つからない」という人も大勢います。

仕事がないのは、いわば収入がとだえている状態。
たとえ、はじめにころは失業保険をもらえていても、その期間を過ぎれば、無収入になってしまいます。

「転職はしたいが、そう簡単に妥協はできない」という気持ちで、なかなか新しい仕事が決められない人は、とりあえず人材派遣会社に登録して、短期間でも、一定の収入を手に入れたほうがいい場合もあります。

派遣の仕事は、主にITやコンピューター関連といった、専門的な職種が多いイメージがありますが、最近では、さまざまなジャンルで派遣の求人を見つけることができます。

また、派遣の雇用は最長でも3年。
これはメリットでもあり、デメリットでもあります。

派遣のメリットは、割り切って仕事ができる分、人間関係のわずらわしさを気にしなくてもいい、という点があります。
いい転職先が見つかったら、すぐに仕事をやめやすいメリットもあります。

また、最近は、派遣社員から正社員への正規雇用を増やす企業も増えているので、そういった方法で実際再就職先を見つけている人も大勢います。

一方で派遣での仕事は、デメリットもあります。
特に派遣社員は、3年以内にその派遣先の会社に直接雇用されなければ、そこでの契約が終わってしまうので、安定した収入が確保しにくいことが挙げられます。

もし転職先をじっくりと探したいのであれば、とりあえず派遣で働きながら、自分のやりたい職種の求人が出るのを待つ、という方法も案外悪くはないのです。

HOME